インビクタス/負けざる者たち

Facebook にシェア
Pocket

27年間の投獄の末、南アフリカ共和国の大統領になったネルソン・マンデラを主人公とするノンフィクション映画で、就任直後の1994年から約一年間ほどの期間を扱う。マンデラと南アフリカ共和国に関しては詳しく理解しようとすると何冊も本を読まなければならないと思うが、本映画はマンデラの政治に関する内容が主題ではない。南ア代表のラグビーチーム「スプリングボクス」を描いた映画である。

しかし、これが単なるスポーツ映画にならないのは、当時の南アフリカにおいてラグビーがアパルトヘイトの象徴となるスポーツで、メンバーもほとんどが白人で構成されていたからである。

世界情勢に詳しくなくとも、南アフリカ共和国にアパルトヘイトが大きい影響を及ぼしていることは端々からうかがえる。アパルトヘイトという単語は劇中にしょっちゅう登場するし、冒頭から白人と黒人がフェンスで物理的に離されているシーンで始まる。

であるだけにモーガン・フリーマン演ずるマンデラの采配が強く印象に残る。白人たちと、白人の作った文化を追い出せ!という意見で満場一致となる黒人に対し、ただ一人彼らとの共存を説く。政府職員らを白人・黒人混合にすることを始めとして民族融和政策を進める彼は、白人のイメージを強く残すスプリングボクスもまた人種を問わない国全体の象徴となるチームにすべく働きかけていく。

少し残念なのは中盤以降はラグビーチームが話の中心となってしまうことだ。ラグビーの話なんだから当たり前なのだが、個人的にはマンデラの政治を中心にした話がもっと見たかった。

ただそれでは話が難しくなるし、扱わなければならない内容も高度で膨大になる。ラグビーの話を中心にして非常に前向きな物語になっているのは映画として正しい作りであると思う。クリント・イーストウッドもこういう明るい作風の作品を作るようになったのか、と意外であった。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。