GIRL FRIENDS 全5巻 – 森永みるく

Facebook にシェア
Pocket

百合業界では有名な森永みるくの代表作。百合って別に恋愛じゃねぇなぁと思うことが時々あるのだが、こういうはっきりと恋愛漫画してる作品を読むとそういう意識が顕著になる。百合って基本的に恋愛作品じゃ無いの?っていわれそうだが個人的にはそうでも無い。百合がA、恋愛がBならこの作品はA∩Bって感じ。

読書が趣味で真面目で平凡な高校生活を送っていた真理子とちょっぴり派手でおしゃれ大好きなあっこ。それまではお互い別のグループにいた2人がひょんなことから親友に!? やがて真理子はあっこに友達という言葉ではおさまらない感情を抱き始め……!? 百合漫画界のトップマンガ家が描く女の子同士の超リアルな「友情」物語!! – 双葉社

主人公が同性の友人を好きになっていく過程、相手もこちらを受け入れていく課程、すれ違いで右往左往する時期……みたいなのがそれぞれ十分に尺を割かれて描かれている(各巻ごとに転換するタイミングが来て、毎回毎回「この後どうなるんだよッッッ!!!」というところで以下次巻にしてくれる森永先生は真のエンターテイナーである)。

そういう感じで関係が変わっていく話なのだが、個人的なピークは2巻でまりの内面がぐしゃぐしゃになる曇らせ隊大満足描写のオンパレードあたり。(はやく 離れてよ あっこから)とかで「う~んこれこれ」とかなる。中盤で付き合うようになってからは意外(?)とこういう嫉妬描写が無いのでちょっと残念。

一方で個人的に少女漫画で時々躓く要素に「男を馬鹿にする描写に躊躇いが無い」っていうのがあるのだが、これが度々出てくるのが気になった。5又してる杉さんとかそのうち一人に入れあげて反省するような展開来るのかなと思ったらそのままだった。悪い男ならまだいいんだけど、特に当て馬になった原田君とか落ち度があるようにも思えないので「ううっ……これ気にならないんだ……」と思わずにいられない。

まぁそういう要素が入ってくるのが恋愛作品なんだよなぁとも思うし、自分が普段読んでるのはオタ寄りの話なんだなみたいな気持ちになる。きらら系の百合で入ってくる男性が女の子同士の恋愛好きって訳でもなかったり、みたいな理由の一つはその辺にあるんじゃないかって気がする。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。