機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア

Facebook にシェア
Pocket

機動戦士ガンダムの前史を描くアニメ版THE ORIGINの2作目。原作漫画版の10巻の内容を映像化している。

モビルスーツ(にはまだ到達しておらず、劇中に出てくるのは正確にはモビルワーカーだが)の動きは完全にCGだとすぐわかる挙動だが、良く動くので面白い。劇中の未来にあたる本編のモビルスーツより凄い動きになってしまっているが、Ⅰ冒頭のシャアザクに比べればまだマシか。

漫画版を読んだ時も思ったが、この時代のキャスバルはキレッキレの超優秀男児である。本編以降のシャア・アズナブルと同一人物とはとても思えない。もはやネット上ではマザコンでシスコンのキャラクターとして愛されているのでギャップがとにかく凄い。なんであんなことになってしまったのだろうか?(あんまり関係ないのだが、公式の商品では基本的にクールなエリートキャラとして扱われているのでこっちも違和感あるんだよな……)

キャスバルがアルテイシアを離れて終了するが「あの」シャア・アズナブルが生まれて終了、でないのであれっとなった。キャスバルの前史はここで大体終了となり以降は一年戦争前史としての傾向が強くなるので、そこで区切っておけば切りがいいのになぁ。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。