Steam用にXBoxONEコントローラーとワイヤレスアダプタを購入

Facebook にシェア
Pocket

PC用ゲームプラットフォームのSteam用にXBoxONEのコントローラーを購入した(なおXBoxONE本体は持っていない)。

また後日、Windowsでは無線化できなかったこのコントローラにワイヤレスアダプターを購入して無線化した。

経緯

今までSteamでプレイする際、PlayStation4のコントローラーを使用していたが、最近になってはじめ(ようとし)たゲームが対応していなかった。思えば今まで使うことができたゲームは2016年発売のSkyrim SE版とWatch Dogs2であり、最近のソフトだから対応していたのだろう。少し昔のゲームをやろうとしたら、対応していなかったようだ。

そのため一度はフリーウェア(より正確にはカンパウェア)のJoyToKey(ゲームパッドのボタンをキーボードに対応させるソフトウェア)でなんとかしようとしたのだが、何故か上ボタンが入りっぱなしになっているらしい不具合がでたので断念(原因は未だに不明)。XBoxONEのコントローラをSteam用に購入することにした。

XBoxONEコントローラ

 

パッケージの中身はシンプルなもので、ゲームパッド、USBケーブル(USB-A to Micro USB)、冊子二つ(かんたんセットアップ、取扱説明書)だけ。

パッケージにも「Windows用USBケーブル付」と書いてあるがPCで使用する場合は有線のみ。なお余談であるがXBoxONEでの無線使用時は単三乾電池を二つ使用する方式になっている。

Windows PCに接続すると、自動的にドライバーがインストールされて特に何もしなくても使用できるようになる。これでSteamのゲームをいくつかやってみたが、問題となっていたゲームやコンシューマーで発売されていないインディーズ系のゲームも問題なくプレイできた。

XInput とは、Windows 向け Xbox 360 コントローラーからの入力値を、アプリケーションで受け取れるようにする API です。コントローラーの振動エフェクトと音声の入出力がサポートされています。

XInput の基礎知識 – Microsoft Developer Network

元々WindowsでゲームをやるならXBoxコントローラーが鉄板だとは聞いていたが、同じMicrosoft社製で上記のXInputが用意されているのでそうなっているらしい。というかこれを使って初めて、Steamでやるゲームのチュートリアル画面に出ていたAボタンやBボタンのマークがXBoxコントローラーのボタンを指していることに気づいた。PS4のコントローラーは結構邪道だったのかもな……。

Xbox ワイヤレス アダプター for Windows 10

私がXboxOne用のコントローラを購入して2~3か月後に『Windowsでも無線で出来るコントローラ』が発売し、消沈していた私はその界隈は目に入らないようにしていたのだが、2017年8月にワイヤレス化が出来るアダプタが発売していることを知った。

Xbox ワイヤレス アダプター for Windows 10 を使用すれば、Xbox One 対応のワイヤレス コントローラーを Windows 10 搭載 PC とワイヤレス接続して対応ゲームをプレイすることができます。コントローラーからの音声出力に対応し、同時に最大8個までのコントローラーを接続することができます。 – XBox公式サイト

真ん中にあるUSBメモリみたいなのがアダプタで、これをPC側のUSBコネクタに差す。しかしこれとUSB延長コードくらいしかかさばるもの入ってないのに何でこんなにパッケージ厚いんだろうか。凄いスカスカなんですが。

後は同梱のセットアップガイドに従い、XBoxOneコントローラに単3乾電池を2つ入れて、PCにアダプタを差してペアリングをして終了……なのであるが少し手間取った。ワイヤレスアダプタはインターネットに接続しているWindows10であれば自動的にドライバを適用してくれるのだが

この表記の状態では、まだ出来ているようで出来ていない。いかにも成功してそうなのに反応が無いので、なんだコレと思って何度か試して

こういう表記が出たら大丈夫だった。コントローラとアダプタ両方のLEDが点「滅」から点「灯」に代わっていれば繋がっていることを意味している。

一度ペアリングして以降は、コントローラのしいたけマークを2~3秒長押しすると点滅が点灯に代わって接続、という凄い簡単な作業になる。ゲームやるときに簡単に始められるのは大きいメリットである。

なお、これから購入する人がいたら最初からセットになっているものが売っているのでそちらをお勧めしたい。個人的には「最初からこの形で売れや」という感じなのだが……。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。