メタルラックとモールを購入して部屋を整理

Facebook にシェア
Pocket

メタルラックとモールを購入して部屋の整理をした。

机周りの配線が汚い……どうやってまとめようか……?と考えていたが、そもそもの問題として配線を必要とする機器がひとまとまりになっていないことに気付き、メタルラックに集約することにした。

実はラック購入前の時点でメタルラック自体はあった。昔購入したものでどういう経緯か忘れたが、上の段とポールを外して今は二段しかない。そこに載っている複合機の大きさに合わせて探したら、ポールの太さ、ラックの幅、奥行きがまったく同じ仕様のものを発見。どうやら同じ規格の物らしい。

この新規購入した4段のメタルラックと元々有ったラックの内の一段を加えて5段仕様にしたラックが写真の物になる。

格段の振り分けは

  • 1段目(メタルラックの上):まだ何も載せてないが普段は突っ張り棒でもつけて置いてダンボールか何かの置き場所にするか?
  • 2段目:電子書書籍作成に使用する裁断機。正直もう一年以上使っていないので捨てようかどうか迷ってる。ちなみに上の段を外さないと外に出せません。
  • 3段目:前面にTV。ラックのポールで端っこが見えないのは今回の一番の問題どころ。なお、見えない裏側には電子書籍作成用のスキャナScanSnap1500(箱入り)とその上にPS4。そして横には光回線のホームゲートウェイがある。
  • 4段目:右がPC、真ん中がNAS、左に各機器用の7個口電源タップ。
  • 5段目:複合機。

さらに配線整理の為にモールを購入。このメタルラックに至るまでの配線をモールの中に通した。具体的には

  • 電源タップ用の電源ケーブル
  • TVとPCで使用する同軸ケーブル
  • ホームゲートウェイ用の光ファイバーケーブル

の3つを通している。電源ケーブルと同軸ケーブルが太めなのでこの二つだけで買ってきたモールがいっぱいいっぱいになってしまった。光ファイバーが細くて良かった……。

これで機器・配線が(以前と比較すると)よくまとまった。このメタルラックはキャスター付きなので、配線周りを整頓していると気軽に移動出来て、機器の背面コネクタ等にアクセスできるのが嬉しい。

追記

メタルラックのキャスターが壊れたので新しいキャスターを購入した。上の記事を書いてから色々な追加があったのだが、おそらく重すぎたのではないかと思われる。

新しく購入したキャスターの説明文には「荷重はメタルラック全体で静止時合計300kg、走行時合計100kg以内でご使用ください」と書かれている。自宅にある体重計で荷重が大きいと思われるものからいくつか測定してみたが

  • デスクトップPC:13.6kg
  • 電子書籍作成用の裁断機:13kg
  • 電子書籍作成用のスキャナ:6.4kg
  • プリンタ:6.4kg
  • TV:6.4kg

これで合計45.8kgになる。他のものも含めて100kgはいかない気もするが床にひいている敷物の影響があるかもしれない。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。