上遠野浩平作品 洋楽元ネタ

Facebook にシェア
Pocket

Sponsored Link

Spotifyプレイリストを探したら無かったので、取り合えず作ってみた。暫定的なもので全然網羅できてないのはご愛敬。

Spotify Playlist – Music in Kouhei Kadono Works (Boogiepop etc)

Sponsored Link

概要

ブギーポップシリーズ等で知られている作家、上遠野浩平の作品には氏の趣味である洋楽視聴に由来するネタが多数登場する。Spotifyは音楽のサブスクリプションサービスで、自分で作ったプレイリストを公開することができるのでこれで元ネタを思しき曲をまとめたものを作った。

基本的なルール

プレイリストなので集めるのは曲のみ。バンド(アーティスト)名、アルバム名の場合はどれをプレイリストに入れればいいのか判断できないので入れていない。

ブギーポップはIggy Popからきているけど、アーティスト名だから除外。夜明けの口笛吹き(The Piper at the Gates of Dawn)がPink Floydのアルバム(余談だが収録曲にThe Scarecrowがある)名だけど曲名としては無いので除外、といった具合だ。

またMPLS、合成人間などの作中に名前が出てくるものやキャラの名前を中心に拾っている。本文の前後にたまに入っている歌詞引用、あとがきの最後に書いてある曲名は数が余計に膨大になるのと、曲の名前を見ても「こんな名前の奴作中に登場したっけ?」って思われること必至なので基本的に入れていない。それを入れるならVol2みたいにして別枠にまとめた方が良いと思う。

曲の順番はブギーポップ本編→ビートのディシプリン→ヴァルプルギスの後悔→螺旋のエンペロイダー……えっ?ナイトウォッチ?事件?ソウルドロップ?しずるさん?う、ううう……!

雑感

引用先でもっとも多いのは断トツでPrince。またときどき巻毎に縛りがあるのか「この巻はこのアーティストばっかり」という巻がいくつかある。

  • イマジネーター:Prince祭り。Strange Days (The Doors)以外は全部Princeなんじゃないかってぐらい多い。余談だがCamille、Spooky ElectricはどちらもPrinceの別名義で、前者はライトサイド、後者はダークサイドとしての自分という設定らしい。
  • 歪曲王:Led Zeppelin祭り。ゾーラギ( ZORAGI)がゴジラ(GOZIRA)のアナグラムであることはファンにはよく知られていると思うが、実は更にハリウッド版ゴジラ(通称エメゴジ)のエンディングにPuff DaddyとJimmy Page版のKashmirが使われているという繋がりがある。
  • ホーリィ&ゴースト:Eminem祭り。スリムシェイプは彼の別人格Slim Shadyから、ドクターはEminem立役者のDr.Dreから、アフターマスは所属していたAftermath Entertainment(Dr.Dreが設立したレーベル)から。
  • オルフェの方舟:Red Hot Chilli Peppers祭り。アルバムOne Hot Minuteから立て続けに3曲(One Hot Minute, Tearjerker, Falling into Grace)登場しているが、執筆時に聴いていたのだろうか?

終りに

適当に放り込んでおけばいいかなって思ったが、たくさんあるからコンプリートなんて程遠い結果なのに疲れた……。

最後になるが、そもそも探している曲が意外とSpotifyに無かったりするのでそれも抜けに影響している。例えばビートのディシプリンなんかはKing Crimson祭りなのだがSpotifyでは取り扱ってないので断念。もしかしてAmazonとかでやった方がよかったのか……?

(……しかしこれ新アニメ化記念とかで公式が何かしようとしたときに邪魔になるんじゃねーの?)
(まあいいじゃん)

Sponsored Link

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。