マイティ・ソー

Facebook にシェア
Pocket

マーベル社のアメコミキャラクターを共通の世界観で映画化したマーベル・シネマティック・ユニバースの第4作品目。アベンジャーズ以降だと気のいい兄ちゃんって感じのソーも、第一作目だと確かに傲慢な暴れん坊っていう感じである。

神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災いとなり、地球へ追放されてしまったソー(クリス・ヘムズワース)。神の世界での力を失ってしまったソーに凶悪な敵たちが次々と襲い掛かり、ソーは地球でも戦いの日々を送ることに……。 – シネマトゥデイ

アイアン・マンとキャプテン・アメリカだけ見て以降の作品を見てしまったのでもったいないなぁと思っていたのだが、huluでマーベル特集やってるのをきっかけに視聴。

北欧神話をモチーフにしているが、オタクの基礎教養ともいえるこの神話についてはある程度の知識があるので神話警察みたいな視点で見てしまった。アベンジャーズでも思ったんだけど、元ネタの神話を知っているとロキのキャラが凄い残念なんだよなぁ……。本来はトリックスターの強キャラで、こんなしょっぱい奴じゃないんだけど……。

そんなわけで一応このロキがラスボスでこいつを追い払ってめでたしめでたしなんだけどなんか締まらないというか、「ああそうか、コイツ倒してビフレストが壊れてオシマイなのか」って終わってから気付くような感じになってしまった。アベンジャーズ(記事)だとソーは普通に地球にいるけど、なんで来れたんだっけ?

バトルアクション映画なんだけど、やっぱりシフとゆかいな仲間たちが地球に来て完全に仮想大会のおのぼりさん状態で練り歩いた挙句にソーを見つけて「「「「お~!見つけた」」」」とか言ってるのが一番面白かったなこの映画。

ところで全然関係ないが映画.comの記事のあらすじ見たら

医師ドナルドとして人間界で暮らしていたソーは、ある事件をきっかけに記憶を取り戻し、魔法のハンマー「ムジョルニア」でソーに変身。ヒーローとして人類の敵と戦う。 – 映画.com

って書いてあったけどこれ違うよな?原作でこういう話だから一時的にこうしておいたのが残ってたんだろうか。ただS.H.I.E.L.D.から連れ出すときの偽名でドナルド・ブレイクって名前使うのはニヤリとした。こういうの多いよなMCU。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。