リベリオン

Facebook にシェア
Pocket

ガン=カタ映画。設定・脚本は完全にB級に振っている潔い構成で難しいこと考えずにガン=カタアクションを楽しめる。

第3次世界大戦後、生き残った指導者たちは戦争勃発の要因となる人間のあらゆる感情を抑止させるべく、精神に作用する薬を開発。これを国民に毎日投薬し、徹底した管理国家体制を敷いた。そして反乱者は、クラリック(聖職者)の称号を持つプレストンを中心とした警察に、厳しく処罰されるのだった。銃を用いた武道ガン=カタの達人でもあるプレストンは、冷徹に任務を遂行する非情の殺人マシーン。しかしある日、封じていたはずの感情に目覚めたプレストンは、国家に疑いを抱くようになる……。… – 映画.com

B級ガン=カタ映画、という一言だけで説明が済む作品だが、そういう部分が良い映画である。一応ディストピア社会を扱うSF要素もあるが、まぁ単なる舞台装置だ。常用している薬の服用をちょっと怠っただけで崩壊するシステムとか良くここまでもったもんだと言いたくなる。

重要なのはとにかくガン=カタアクション。もう主人公無双でアクションシーンになったらガンガン倒していく。一応ライバル的な存在になるブラントもあっさリ死に過ぎだし、戦闘能力無いと思っていたら割と健闘したラスボスもやっぱりすぐ負けて命乞い。そうされても躊躇わず殺しちゃうのもいい。ピンチに陥った主人公!みたいな溜め要素、こういう映画にはいらないってことなんだろうな。

主人公のプレストンを演ずるクリスチャン・ベールはこれまでアクション映画はやっていなかったが、この作品以降、クリストファー・ノーラン版バットマン三部作をはじめとしてアクション映画に出演することが多くなったらしい。バットマン役の方で知っていた俳優だけど、先にこういうのに出てたんだなぁ。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。