オール・ユー・ニード・イズ・キル

Facebook にシェア
Pocket

日本のライトノベル作品がハリウッドで映画化されるというかなり珍しい一例。時間ループ要素を含んだSF戦争作品。

元々数年前に原作は既読。どのように料理されているかなと思って見てみたが、ハリウッド映画的な味付けがいい具合になっていると思う。

原作もレーベルがライトノベルなだけでSF要素の入った戦争ものといった趣だが、それがハリウッド映画に元々マッチングするものだったのだろう。設定はやっぱり変更されているがSF的なエッセンスは結構生きている。

なお「アルファと呼称される特別なギタイの血液を浴びるとループする」という設定になっているため、ストーリー展開やラストに影響を与えている。原作のビターなエンドは個人的に好みなんだけど、これはハリウッド向きじゃなかったんだろうな。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。