アイドルマスター プラチナスターズ

Facebook にシェア
Pocket

アイドルマスターシリーズの最新作で初代と同じ765プロのメンバーをプロデュースすることができる。アイドルゲーのはしりとなったシリーズの最新作だが、キャラクターの3Dモデリングやライブ演出のレベルは現時点でおそらく最高のものになっている。もうここまで出来るんだなぁ、という感じ。

ゲームはキャラもの音ゲーとしてオーソドックスなタイプで、アイテムやレッスンで能力を上げて音ゲーやるというタイプ。自分は音ゲー苦手なので一番最初のライブで早速失敗する始末だった。難易度PRO以上で出てくるボタンと十字キーを同時押しするのが個人的に難しすぎて「いや、これ無理でしょう……」って感じになってしまった。ライブ失敗するとキャラがめっちゃ悲しそうな顔するので余計辛い。オールスターライブの三連続ライブだとリトライするのも時間かかるしでもっと辛い。

セーブデータが一つしか作れないのでおやっと思ったが、レベル上げてアンロックしていって……って言うこのシステムだと、最初からやる意味が基本的にないから一つでいいのか。いつでもリーダーを変えられるから何週もしなくていいんだろうし、親切設計かも知れない。その代りコミュが全然無くなってるような気がする。あと楽曲にレべルを設けたから、効率を考えるとおんなじ曲ばっかりやることになって単調じゃないかな……。

765プロのキャラで話を作るのは正直今更という気がしないでもない。最もシステム的にシンデレラガールズやミリオンスターズの人数を捌くのはかなりしんどいだろうから、据え置き機では765プロの方針なのかな。でもさすがにまたもや新人設定でやるのはどうかなぁ。もう第一級アイドルという印象しかなかったんだけど……。ただ楽曲が当時からあるものをまた使っているのは結構感慨深い。

ところで13人いるとはいえ作中でしょっちゅうメンバーの誕生日が入る(亜美真美が双子だから平均して月一回かな)から凄い年月経ってるんじゃないかって不安になるんだよな……。メタな話だがご長寿シリーズとなった本作の出演者達も結構な年齢になっていると思うのだが、このゲームがきっかけでまたライブとかやるんだろうか。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。