閃乱カグラ Peach Beach Splash

Facebook にシェア
Pocket

爆乳ハイパーバトルという直球の欲情を1mmも隠していないシリーズの6作品目。今までは戦国無双みたいなアクションゲームだったが、今回はTPSゲームになっている。

エロを楽しむついでにお気楽マルチプレイTPSとしても楽しもうと思っていたが、案の定というかバランスが悪いしおバカな作風に反して思いのほかガチガチに強化している人が多いので、結局オンラインはあまり参戦しなかった。

ゲーム性

スプラトゥーンならぬスケベトゥーンとか言われていたが、実際やってみると意外とそうでもない。空中を高く飛べるからアーマードコアの方が近いという意見もチラホラ聞く。また『戦闘中に使用すると効果のあるカード』の要素があるのだが、予想していたよりずっと存在感が大きい。こういう部分でも差別化されているといえる。

このシリーズをやっている人間にとっては驚くようなことでもないが、全体的にゲーム性はあんまりよくない。武器の性能・威力は無茶苦茶だし(始まってしばらくしたら早速アップデートで修正が入った)、カードの効果が大きいのに同じ効果のものをデッキにガン積み出来る。また、この手のFPS/TPSゲームにしてはリロードの頻度がやたらに多い。射撃とダッシュ・ブーストジャンプのエネルギーがすべて同一リソースになっている仕様なのでこれは余計にテンポが悪くしている。

成功報酬で手に入るカードに何故か武器のカードが入っている(最初からすべて持っているし、まったく意味が無い)あたりから伝わってくるのだが、あんまり調整はされてはいないんだろう。

マルチプレイ

本編のストーリーやサブエピソードの成功報酬でカードを集め、そのカードのダブりの分はポイントになるので、そのポイントを使ってキャラクター、武器、カードを強化していく。この強化はマルチプレイにも反映されるので、効率ガチガチでレベルMAXだらけのマルチプレイに行こうとすると、どうしても時間をかけて強化する必要がある。

そういうわけで私も通称『かつ姉マラソン』(このゲームの稼ぎポイントの一つ。サブエピソードの一つが稼ぎに適していることから、これを周回することを、その時の敵キャラとなる葛城にちなんでこう呼ぶ)を続けつつもストーリーを進めていった。で結局ストーリーをクリアするところまではいったのだが、マルチプレイに十分な状態までもっていくのはかなり大変だなぁ……と気づいて、そこでやめてしまった。

このゲームで閃乱カグラシリーズに初めて触れた人も多いようだが、既シリーズのプレイヤーとの会話が「予想より10倍くらいバカな内容だったけど、毎回こうなの?」「はい」がテンプレになるくらいのゲームなんだから、この辺も気楽に行けるようにして欲しかったものだ。

やはりオフラインでの成果がオンラインに反映されないようにした方が良かったのではないだろうか?どのキャラを使っても性能はまったく同じだったのはかなり英断だったと思うが、これに合わせてレベル制をやめればバランスだってとりやすいはずである。そうやってオンライン参戦者のハードルを下げて人数を増やせば、アップデートでオンライン対戦のマッチングの際、電波強度を確認できるようにしなくてもよかったのではないだろうか……。

まとめ

ま、さんざん言ってみたが、狙いすぎて外してるキャラクターと全然魅力のないストーリーでも、エロに関してまったくぶれない方向性とおバカな作風で「そんなにマジになるようなゲームじゃないって……」と許されているような作品なので、この辺は今更な話である。

購買層の見定め方に関してはこれ以上ないくらいに成功しているシリーズなので、これからもこんな調子で続いていくだろう。エンディングでシリーズ7作品目の予告が入っているが、これもう次で7作品目なのかよ……と唖然としてしまった(ちなみにデカ盛りとソシャゲを含めると9作品目になる)。エロのパワーは偉大である。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。