ファイブスター物語 – 永野護

Facebook にシェア
Pocket

なんかもう色々な意味で特別な作品。好きか嫌いかはともかくこういう作品が実在しているということ自体が興味深い。

概要

私は大して熱狂的なファンというわけではなく、なんとなく読んでいるというくらいの人間である。とにかく尖りっぱなしのこの作品、特徴を挙げると

  • いきなり第1話で最終回。
  • 年表が最初から公表されていて、ストーリーは過去の話だったり未来の話だったりで時系列上に進まない。
  • 掲載紙が漫画雑誌ではなくアニメ雑誌の月間ニュータイプで、ページの形状が普通の漫画と異なる。また基本白黒で描かれるが部分的にフルカラーになったりする。
  • 長期休載状態が続き、12巻と13巻の間でリアルタイムで9年半経過している。
  • 今までモーターヘッド(MH)と呼ばれていたロボットが、あるときからゴティックメード(GTM)と設定が変わり全機体デザインが一新。作中ではさも最初からそうでしたとばかりに物語が続く。

みたいな、作者はなんでこんなこと許されてるんだという特徴が多く、そういう部分を見るだけでも唯一無二の作品である。

しかしまあ私から言わせると、中学生が考えたような「設定ばっかり先行して実際には作品として産まれることが無いお話」が実際に産まれていて、しかも長期間ファンを獲得して生き続けている、という事実が一番興味深い。普通産まれないし続かないはずなのだが、我が道を行くことを許された永野護の手によって作り続けられている。

ファンたちはそういう設定について行っているらしく、ネット上の書評を読むと同じ作品を読んでいるはずなのに「あのキャラ過去にも出てたの?」「あれそういう意味だったの?」ということ目白押し。ここまでついて行けてる人たちには脱帽である。

各巻毎の感想

13巻

前巻から9年半近く経てようやく発行となった巻。この間にMHはGTMになり各用語もGTM仕様になって、さも最初からそうでしたとばかりに物語が進む。一応解説が必要だと思ったのか、単語の解説が随所に掲載されている。設定が複雑でアメコミ並みに多い文章(王侯貴族の会話ばっかりなのもキリスト教圏の作品っぽい)で読むのに時間がかかる。フィルモア王家の派閥の話とか説明されても全く理解できなかった。私はなんとなく読んでいるだけだが、詳しい人だと得心するんだろうなぁこれと終始思いながら読んでいる。(自分は目を通していないが)DESIGNSの存在も合わせて「情報の摂取」って感じなんだよな。

レビューとか見るとGTMへの変更でやたら言われているが、今まで追ってきたファンほど「しょうがないじゃん。だって永野だぜ?」みたいな諦観を持つわけでもないんだな。熱狂的なファンではない端から見ている私からするとそんな感じなんだけれども。

14巻

13巻から2年半くらい経過して発行されたのに「へえ!もう出るんだ!早いねえ!」とか言われた新刊。ベラ国攻防戦を描いた”ツラック隊編”が完結。

敵味方合わせて数百体のGTMが組織的に行動するわ、ファティマがほとんど電子戦やってるわで何やってるのか正直分かりにくい。こういうのって真面目に描くと○○が××に勝った!みたいな分かりやすい盛り上がりに欠ける感じになりがちだが、実際「よく分かんないけどこいつは強いんだろうな」とは思うものの活躍するってわけでもない描写の連続で攻防戦終わってしまった。特にハレーとビルドなんかは因縁の再会と特別機入手なんて前振りしたんだから活躍させたれよと思うんだけれども。組織的戦いよりも、1対1の戦い描いた方がせっかくデザイン新しくしたGTM映えそうなんだけどね。

ツバンツヒがソープの正体に気づいて、ツァラトゥストラ・アプターブリンガーのシーンに切り替わるラストシーン、印象的ではあるけど「こんな色の使い方許されてるところが永野護なんだよなぁ」と思わずにいられない。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。