2DK、Gペン、目覚まし時計。 – 大沢やよい

Facebook にシェア
Pocket

社会人百合漫画。恋愛を主軸にした作品は恋愛以外の要素が重要になるというのが私の意見であるが、まっとうに生きて積み上げなければ幸せになれないという頑なな信念とマイノリティであるビアンとして生きていくことの相反を持つ主人公が描かれているのが印象的。

概要

女ふたりで暮らしてみた話。

仕事も家事もソツなくこなすデキるOL・香月奈々美は、故郷・福岡に彼氏を置いて、ここ東京で遠距離恋愛をしている。ぐーたらで生活能力ゼロと言ってよい童顔アラサー・藤村かえでは、漫画家デビューを目指して、今日もネーム作業を…始めようとしている。

何から何まで全く正反対の女子ふたり。何もないようでその実、結構いろんなことが起きる同居生活、はじまり、はじまり。 – pixivコミック

各巻毎の感想

1巻

主人公である有能OLの菜々美と漫画家の卵であるかえでの同居生活の話。面白いことに、こういう設定なら第一話で「ひょんなことから二人は同居生活を始めることになったのです」って始まり方になるのがほとんどだと思うのだが同居は最初から始まっており、第一巻の時点ではなぜそうなったのかの経緯も不明である。

菜々美が自分のセクシュアリティに向き合う描写があるところなんかが面白い。途中でかえでと一緒に酒を飲んで「この雰囲気なら双方に気が合えばセックスしているだろう」と考えているところなんかがそれで、社会人として食べていく、人生を送っていくという視点の他に「自分のセックスどうするのか」って考えが入っている。そういう菜々美がとった選択が自分がレズビアンであることを隠して男性と結婚することで、それを「私の人生の最後の頼みの綱」というのも、自らそれを「卑しい打算」と評していることも悲しい。

ジャーサラダのシーンで語られる「人生は積み重ねていってようやく幸せになれるんだ」とか、異性愛者であった元彼に「人生に何の狂いも生じないんだな」みたいに、「生きていく」っていう考えがまず先にある話なんだよな。「私たちは別々の道を歩いていく大人だから」ってシーンでハイヒール履いてる菜々美と、裸足のかえでの足を描いてるコマがそれを象徴するようで凄い好き。女性の描く作品にはやっぱりこういう描写が欲しいんだよなぁ。

2巻

表紙にかえでがおらず、代わりにルー子さんが居て「ええっ!?」となったが、読んでみたら準主人公並みに登場してた。一巻の後書きで担当との打ち合わせで出てきたくらいに書かれていたので完全にモブとして登場したキャラだと思うのだが、作者が描いていて気に入ったらしい。職場で企業戦士として戦う話って社会人百合ならではの話でいいな。

後半が菜々美とかえでのなれ初めと同居に至る話だったのだがまず二年前ということに驚く。二年間同居してこの二人何にもなかったのか、ってのと地元に彼氏残して遠距離で二年続いてたのかよっていう。彼氏が東京に来ることを考えて、そうなればセックスをするだろうから嫌だなあって菜々美が考えてるのも凄い。レズビアンではあるだろうけど、彼氏としたことないとも思えないから嫌々やってたんだろうか。

にも拘らず異性と結婚をするという人生のプランは手放せなかった、っていうところが面白いところだ。学生百合なら許される「女の子二人の恋が実ったのでハッピーエンドです」みたいな風にはならないんだよな。

3巻

11話のファミレス回はほとんど話してるだけなんだけどなんかいいなこの回。菜々美が高校生に時点で既に同姓の後輩と付き合っていたことが(読者にだけ)判明するんだけど、菜々美ってまだカミングアウトしてないんだよな。お互いに意識しはじめた感じがするから、どっかでイベントありそう。

12話は恋由姫の視点でメインの二人を描写する回。この巻の前半で散々辛い過去を描写された恋由姫だが、この回での「この家はあったかいなぁ……」みたいになってる描写の方が読んでてよっぽど辛い。恋愛的な意味ではないし、漫画家的な意味でもないんだよなぁ……。恋愛とは直接関係ないこういう描写あるのが面白いんだよな、この漫画。

4巻

「かえちゃんとはそういうふうにはならない」と独白していた菜々美だが、元ルームメイトの話が出ただけでピクッと反応するまでに意識するようになっていた。そんな彼女のもとに、よりにもよってその元ルームメイト張本人が現れる。

葵がカンフル剤になったわけでもないだろうけど、とうとう菜々美がはっきりと「自分はかえでが好き」と認めてしまった。で認めてしまったら、後は意識しっぱなしという……。正しいことを積み重ねていかなきゃ幸せになれないと言っていた菜々美が、はっきりノンケだと分かっているかえでに溺れていくのいいよね……。仮に葵としてたら、(別にかえでと付き合ってるわけでもないのに)『かえちゃんごめん、かえちゃんごめん、かえちゃんごめん……!』とか心情描写入りそうなのがたまらない。

単行本の書き下ろしで、菜々美が葵とレズセ未遂で朝帰りした日にかえでがどうしていたのかが描かれている。菜々美無しでは日常が物足りない感じの描写で、意外と可能性ありそうな感じだ。「ルームシェアするのはかえちゃんが最初で最後」って言った時の反応もいい感じだった(のに肝心の菜々美は気付かないが)のでこれからに期待である。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。