「漫画」カテゴリーアーカイブ

アクタージュ act-age – 原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ

Sponsored Link

映画製作を題材にした週刊少年ジャンプ連載漫画。戦闘やスポーツのようなアクションシーン無し、女性主人公という、雑誌の中では異彩を放つ作品である。

続きを読む アクタージュ act-age – 原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ

ジガ-ZIGA- 全2巻 – 佐野ロクロウ 肥田健太郎

ダオンに出した私の命令が打ち消されたとでもいうの?命令者であるこの私の……!!

全14話という短期打ち切りの結果に終わった作品。なのだが、命令者ちゃんこと白(ホワイト)のコラが、虹裏で大量に作られるという局所的でカルトな現象を起こした。

続きを読む ジガ-ZIGA- 全2巻 – 佐野ロクロウ 肥田健太郎

Sponsored Link

ケーブル&デッドプール:青の洗礼 – ファビアン・ニシーザ

この作品以前にはほとんど接点の無かったケーブルとデッドプールであるが、本作が好評を受けてコンビとして認識されるようになった。真逆といっても過言ではないキャラクター性が上手く噛み合った結果だろうか?

続きを読む ケーブル&デッドプール:青の洗礼 – ファビアン・ニシーザ

加瀬さんシリーズ – 高嶋ひろみ

2011年から掲載がスタートし2018年にOVAの劇場上映が行われることになった、百合を代表する作品の一つ。百合といえば解釈で割れることがしょっちゅうなのだが、そんな中でもまさしくこういうのが百合だと言いたくなるような直球の内容である。

続きを読む 加瀬さんシリーズ – 高嶋ひろみ

デッドプール VS サノス – ティム・シーリー

死神デスの救出のためデッドプールとサノスがタッグを組む。大抵はラスボスとして登場していつもしかめっ面しているサノスだが、この度の道中では口角の上がる描写があったり内心を明かしたりする姿が見られる。

続きを読む デッドプール VS サノス – ティム・シーリー

怜-Toki- 既刊3巻 – めきめき 小林立

小林立の美少女麻雀漫画「咲 -saki-」のスピンオフ。一応敵キャラでありながら、限界を超えて能力を使ってズタボロになりながらラスボスに挑むという主人公かよお前みたいな扱いだった怜とその相棒キャラである竜華の過去を描く。1巻と同時発売された本編16巻も半分くらい怜が中心だったし編集部の推しなんだろうか?

続きを読む 怜-Toki- 既刊3巻 – めきめき 小林立

私の百合はお仕事です! 既刊3巻 – 未幡

『店員が少女漫画の様な振る舞いをして、客は百合を期待して見に来るというコンセプトの喫茶店』が舞台という「見世物としての百合が前提になっている」ありそうで見かけない設定の百合漫画。ここに普段から外面使ってる主人公がやってきて二重に裏表が絡むトリッキーな仕掛けになっている。

続きを読む 私の百合はお仕事です! 既刊3巻 – 未幡

あの娘にキスと白百合を 既刊8巻 – 缶乃

学園を舞台にした、巻ごとに主人公が変わるオムニバス作品。恋愛を扱った作品って長く続けるべきじゃないなというのが私の持論であるが、この作品は「くっついたあのカップルの先を見たい」という願望が後続の巻でちょくちょくフォローされるので、オムニバス形式をかなり上手く利用していて感心する。

続きを読む あの娘にキスと白百合を 既刊8巻 – 缶乃

アイアンマン:エクストリミス – ウォーレン・エリス

映画アイアンマン3の原案とされる作品であるがエクストリミスが登場するくらいでほとんど別物。映画版が普通の人間に戻っていったのと対照的に、こっちは自分の体にエクストリミスを取り入れ、人間を止めて行くところまで行ってしまう怖さがある。

続きを読む アイアンマン:エクストリミス – ウォーレン・エリス