高慢と偏見(上) – ジェーン・オースティン 光文社古典新訳文庫

Facebook にシェア
Pocket

少女漫画みたいな内容の古典文学。もちろん1796~1797年に書かれた本作は、実際には少女漫画よりもずっと先輩である。

スペックは高いものの嫌味な奴に思われているが、実は誤解を受けやすい性格と境遇だったミスタ・ダーシー、そのダーシーに好意を抱かれているが気づいていないエリザベス・ベネット(これが主人公)、邪魔をしてくる嫌味な脇役キャラ……う~ん、凄い少女漫画っぽい。

一番少女漫画っぽいなぁ、と思うのはミスタ・コリンズの描写である。悪い奴というよりはちょっと金持ちに生まれたぐらいの能力の低い奴なのだが、登場するたびに辛辣に書かれている。褒めるところなんてまるでなしと言わんばかりである。

少女漫画を読んでると「良いところが一つもない完全なお邪魔キャラ」みたいなのが出てきて、その「薄っぺらさ」にげんなりとしてしまうのだが同じ感覚を覚える。「女から見たときに魅力的でない男」に対する女性の感覚はこういうものなのかもしれない。そういえば母親のミセス・ベネットの描写も酷いんだよな……。大体どういうことにイラついてるのかの表れなのかもしれない。

上巻はミスタ・ダーシーがエリザベスに告白し、誤解を解くための書状を渡して終わる。本を閉じて何気なく表紙を見るとタイトルが「高慢と偏見」という直球の内容であったことに気付く、なかなかニクい場面での区切りである。

余談ながら光文社古典新訳文庫版は海外SF小説の翻訳ではお馴染みの小尾芙佐氏が担当している。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。