機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起

Facebook にシェア
Pocket

ファーストガンダムの前史を描いた安彦良和の漫画の映像化。キャスバルが本物のシャア・アズナブルと入れ替わり、ジオン士官学校で出会ったガルマと共に連邦軍駐屯部隊の鎮圧を行うところまでを扱う。

モビルスーツがまだ世に誕生していない時代なので、SF戦争ものの売りである戦闘描写は戦車と白兵戦が主体になる。ガンダムで戦車が凄い活躍するのは新鮮だ。

何で未来ではあんなことになっちゃったのか不思議なくらい、シャアが超然として冷徹。この描写だとED後に登場する少年アムロに将来負けるようにはとても思えない。一方、今回の副主人公のガルマは凄いへっぴり腰で可愛い描かれ方である。デギンにもドズルにも愛されまくりでヒロインみたいなんだが、この事件の後って「あの暁の蜂起で指揮を執ったガルマ様!」とか言われてるんだよな、多分。

シャアってザビ家への復讐を果たしたものの以降はアクシズに行くしドズルの娘であるミネバを殺すようなことはしなかったんだから、ガルマが生きててもいいのになぁ。Ζ以降の孤独感あふるる描写を見るに、ズッ友感ある彼がいたら結構救われてたんじゃないだろうか。ガルマといい今回のディノといい、味方になってくれそうなやつほとんど拒否っちゃうんだよな。ミネバがネオジオンの旗揚げに利用されたことには怒ってたから、ガルマが周りに押されて「ザビ家復活!」とか言わないようにすれば……流されやすいから難しいか……。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。