ガールズ&パンツァー 劇場版

Facebook にシェア
Pocket

人気TVアニメの劇場版。放送初日に見たのにレビュー書くのがなんか遅くなってしまった。虹裏で散々語りまくってるのを見てるから、こっちで書くことも無いからかもしれない。

この作品のことを何と表現していいものか分からない。少女たちが主人公となるスポ魂ものを、スポーツの部分を戦車道なる「戦車を利用した架空のスポーツ」に置き換えた作品、というのが妥当だろうか。とにかく愛すべき馬鹿というか無茶苦茶なことをやる作品(注:褒め言葉ですからね)で熱狂的なファンが大勢いる。

TVシリーズでもクオリティ維持の為に放送延期になったような作品であるが、映画でもその姿勢は炸裂した。やりすぎというほかない内容である。分かっていたことだがこの作品のスタッフが中途半端なことをやるわけが無かったのだった。

戦車道という無茶をやる一方でストーリーは非常に王道である。アニメ作品に限らず、大勢の人間が関わるプロジェクトは出来るだけ方向性をシンプルにしないといけないのだが、戦車戦を魅せるというコンセプトがあまりに明確な本作は中盤以外はほぼ全て戦っているという潔い構成。TV版で廃校阻止となったけれどなっていませんでした、は正直ガックリきたがこの映画でやりたいことの為にはしょうがない。今まで戦ってきた相手が味方になって総力戦を行うという熱すぎる展開で、ほぼすべての戦車に見せ場がありMVP級の活躍をするのでそういう気持ちも吹き飛んでしまう。

見ていて思ったのだが、ファンが望んでいるようなキャラクターの出番や掘り下げが大体叶っていることが地味に凄い。キャラクターが多い作品でこの辺を上手くやれている作品ってあんまりない。主題(この作品では戦車)をメインにして、キャラクター描写はちょっとずつ描写していくのがネット社会である現在での最適解なのかもしれない。ストーリーだって実は捻らなくっていいんだよな。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。