[アニメ] 2016年夏期(Q3) 雑感

Facebook にシェア
Pocket

2016年夏期(Q3)に試聴していたアニメの感想。ラブライブ!サンシャイン!!とダンガンロンパ3をメインに見ているクールだった。

ラブライブ!サンシャイン!!

結局今期はこれに尽きた。色々あったが毎週毎週レズ目的で楽しませてもらった。ま、最終回では凄い斜めの方向に突き抜けた気がするが、どうせ二期あるんだからいいでしょう……。

ダンガンロンパ3

一週間に絶望編と未来編の二つを放送するという倍速2クールの様な珍しい放送形式だった。ラブライブもそうだがアニメって「次回どうなるんだ」って騒然となってると面白いんだな。未来編を中心に色々言われているが、楽しんだことは事実だ。贅沢をいうなら七海は今更整合性とかなんでもいいから生きててほしかったな……。

クロムクロ

もっと他にやることあるんじゃないの……?と思いながらず~っと見ていたのが最後までそんな感じの作品だった。学園パート今の一割でいいよ、と言うとファンに怒られるんだろうな……。

マクロスΔ

マクロスって初めて見るのだが、Fみたいに骨肉の争いになるのかと思っていたら、びっくりするぐらい盛り上がらなかったなぁ……。デルタなんて名前を付けたのにラブライブ!サンシャイン!!の方がよっぽど三角関係してた。ものすごい個人的なことなのだが、いつも日曜の夜に洗濯物にアイロンかけながらぼんやり見ていたのも良くなかったのかもしれない。

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。